マレーシアで無事に9年生(中3課程)を終了できた息子です。

留学生活2年目は

急遽、フィリピンはセブ島の学校に10年生として受け入れて頂けることになりました。

マレーシアはここ近年、留学生に人気の国として注目されていたので情報も少しずつ発信されていますが、セブ島はいったいどんなところなんでしょう?

現在進行形、ただいま留学中。

留学生の親の目線で少しずつ発信してまいります。

まずはピカピカ驚きのNew空港

 

セブ島には今まで行ったことがなかったのですが、息子が初めてセブ島に上陸したのは2018年7月の半ば

とにかくタイムリーなことに、その7月の頭に国際線専用の新ターミナルがオープンしておりました。

 

マクタン・セブ国際空港の外観

マクタン・セブ国際空港の外観

空港内の様子

空港内の様子

 

 

 

 

 

 

東南アジアの場合、建物の外観が凝っていても清掃が行き届いていなかったり、ところどころ目を覆いたくなるダークな部分もあったりするもんですが、

この空港は正真正銘のピッカピカ!

 

 

おかん
トイレも確認したけど、ピッカピカ!!

 

オープンしたばかりということも関係してくるかもわかりませんが、それを維持してくれるのかどうか?というところですが…

今後も期待して観察していきたいですね。

 

マクタン・セブ空港は以前は国内線と国際線が1つのターミナルだったものが今回のリニューアルによって、国際線専用ターミナルが誕生し、新しく生まれ変わりました。
アジアのハブ空港として24時間営業になり。
セキュリティチェックの改善やチェックインのスムーズさにこだわった設備。
何もかもが最新のものに変わりました。

 

SIMショップ

マクタン・セブ空港SIMショップ

マクタン・セブ空港SIMショップ

 

空港を出たところに、めっちゃ簡易的なSIMショップがありました。

この時、私が行ったのは8月でしたが、息子が最初に訪れた7月は、別の場所にあったということで

オープン仕立てなので、もしかしたら場所がまだ定まっていない可能性もありますね。

どちらにしろ、この空港自体はそんなに迷うほどの空港ではありませんので、すぐに目に留まるところにあるでしょう。

このSIMショップの後ろに車が映ってますが、タクシー乗り場です。

誰にも迎えに来てもらっていない?感じの旅行者を見かけたらタクシー乗り場まで案内してくれる人がいます。

お兄ちゃん
日本人ですか?タクシーの値段を安くしてあげますよ。

 

おかん
えっ!嬉しい。
フィリピン人めっちゃ優しい!

めっちゃフレンドリーで片言の日本語を使ってコミュニケーションとってくれる優しいお兄ちゃん。

初めて訪れた土地で親切にしてもらって喜んでしまって、てっきりタクシー会社の人なのかと思ってたんだけど。

タクシーが来た途端…親切な兄ちゃん…なんか違う。

あきらかにタクシードライバーとその兄ちゃん、知り合いじゃなくって…

その兄ちゃん『交渉してあげたからチップチップ』なんて言い出して…

チップは別にいいんやけど、その時たまたま、空港の両替所が閉まってて、ATMも壊れてて、フィリピン・ペソを少ししか持ってなくて…

タクシー代でギリギリの現金しかなかったんで、なんか10円くらいしか渡せなくて…

兄ちゃん、明らかに顔色変わってたな。

 

おかん
あぁ…
兄ちゃん、そういう仕事やったん?ごめん…

 

 

ちなみに現地の方に聞いたら、一応フィリピンはチップ制度はないということ。

日本人が騙されて払ってしまうのだとか…

 

フィリピン英語はレベルが高い

 

フィリピンに入国したのは初めての事でしたが

英語の発音がとても綺麗なことに気付きます。

マレーシアは独特のなまりがあり

マングリッシュと呼ばれています。

ちなみに日本人の話す英語はカタカナ英語なんて言われますが

それと同じようなこと。

 

しかし、それが悪いことだとは思わないんです。

世界全体を視野に入れると、様々な英語があると聞きます。

欧米でも、土地による独特の発音なんて当たり前にあると言われているわけですから

様々な種類の英語を学べることは良いことだと私たちは考えています。

 

ですからフィリピンの英語が綺麗かそうでないかなどは、全く考えてもいなかった私たちです。

まさかのネイティブ英語にラッキーというところです。

おかん

あくまでも息子がそう言います。

私は日本語しかわかりません。

マレーシアとフィリピン比較

 

フィリピン・セブ島って、スポットを当ててみるとめちゃくちゃ英語教育に適したステキなところなんです。

近年、東南アジア留学で注目を浴びているマレーシアとはどんな違いがあるのか比べてみましょう。

日本からの渡航時間(直行便の場合)

マレーシア⇒約6時間半から7時間

フィリピン⇒約4時間半から5時間

国民の英語レベル

マレーシア⇒"なまり"がきつい

フィリピン⇒めっちゃ発音がきれい、ノンネイティブのでは世界トップレベル

留学費用

マレーシア⇒留学生はインターナショナルスクールしか入学できないので、学費がそれなりに高額(欧米よりは安いが…)
正しくは、現地の私立校でも受け入れ可能だがマレー語での授業が中心となるため留学生には需要がない。

フィリピン⇒現地の私立校でも英語での授業。
フィリピン現地校は学費めっちゃ格安。

 

ざっと上げてみても、フィリピンの方が留学や英語教育に適しているような気がします。

どうして今まで私の中でスポットが当たらなかったのか?

 

やはり、フィリピンは何かと規制があるから…

かもしれません。

攻略してみれば大した規制ではないんです。

でもそれと比べてマレーシアって、めっちゃ簡単なんですよね。

適当、というと言い方が悪いですが、特に出入国にも規制もありませんし

留学に関しての書類なんかも、そりゃ色々あって大変ですが、マレーシアに関してはそこまで大変ではなかった、という印象です。

フィリピンは書類関係も色々と厳しいです。

アメリカに短期で留学させた時も、めちゃくちゃ大変でした。

 

そう、だから手っ取り早いという理由で、マレーシア留学へ手を出してしまいがちなのではないでしょうか。

しかし、そんなものは乗り越えたら大丈夫。

英語の発音も美しいし、学費も安い!

町中がフレンドリーで、一生懸命に日本語を使ってコミュニケーションをとってくれる人がたくさんいることにも驚きでした。

振り返るとマレーシアではない経験。

 

よくわからないままマレーシアからセブへ流れついたのですが

とても良い方向への導きだったんだなということで

セブ島留学がスタートします。